初めて見たスズメの巣。いつも見ているツバメの巣。ツバメが運んできた幸せ。

こんばんは。焼き鳥は塩派、くまさんです。

ぼーっと街を散策していると、思わぬ発見をすることがあります。

人生で初めてスズメの巣を発見!

皆さんは、スズメの巣を見たことはありますか?

身近にいる鳥ながら、案外巣を見たことがある人は少ないのではないでしょうか?

では、お見せしましょう!これがスズメの巣です!!

…って言われても分からないですよね?

駐輪場の壁にある丸い穴の上の方を、よ〜く見てください。

駐輪場の近くにいたら、急に顔の横をスズメが飛んで行ったので、飛んできた方向を振り返ったら、ちょうど別のスズメが巣の中に入っていくところでした。こんなところに!と私も思いましたが、よく見たら巣らしきものがちゃんとありました。

こんな狭いところに入れるの?と思いましたが、頭が入るだけの隙間があれば、身体も難なく入っていけるようです。中央左にある隙間が入り口で、その右にある枯れ草が敷いてあるところが巣なんだと思います。

以前読んだ本に、「スズメは民家の軒先などのちょっとした隙間に巣を作る」というようなことが書いてありましたが、まさにこんな隙間に!?というところに巣がありました。また、一度スズメの巣が見つけられれば、どこにスズメの巣があるかも次第に分かるようになるともありました。

スズメの気持ちになって巣を探してみて、また面白そうな巣があったら報告しますね。

2年続けて同じ場所に作られたツバメの巣

なかなか見つけられないスズメの巣とは対照的に、ツバメの巣は一番よく目にする鳥の巣なのではないでしょうか?我が家にもツバメの巣があります。

東向きの屋根の軒下にあり、去年も同じ場所に巣が作られていました。ツバメのいなくなった冬の間に巣は撤去したのですが、やはり我が家で一番居心地のいい場所はここなんでしょうね。

今年はどこに作るのかな〜?なんて観察していたら、わずか2日ちょいで完成させてしまったので、スピードと技術に驚きました。

「ツバメの巣ができる家は幸運になる」は本当か?

よく「ツバメの巣ができると幸運になる」なんて言われます。ただ、見ている分にはかわいいのですが、ツバメのフンとかも落ちてくるので、できれば今年は巣を作って欲しくないな〜なんて思っていました。そこで、どうやればツバメが巣を作らないか?を調べてみたところ、意外なことが分かりました。

ツバメが巣を作るのは人の出入りが多い家

まず、ツバメなぜ民家に巣を作るかと言えば、カラスやヘビといった天敵から身を守るためだそうです。カラスやヘビは必要がなければ人間に無意味に近づくことはなく、人間のいる環境であれば、ツバメも安心していられるそうです。さらに、人の出入りが多い家であれば、なおさらカラスやヘビに対する監視の目も強くなるため、ツバメも安心して巣を作れるということだそうです。

「人の出入りの多い家」というのは、子供など家族が多かったり、商売などで人の行き来が多いことなどから、「賑やかで繁栄している家」と認識されます。つまり、

「ツバメが巣を作る」→「人の出入りが多い家」→「賑やかで繁栄している家」→「幸運」

ということになります。

他にも、

「ツバメが巣を作る」→「ツバメが虫を食べてくれる」→「疫病にかからない」→「幸運」

とか、

「ツバメが巣を作る」→「ツバメが虫を食べてくれる」→「稲が豊作になる」→「幸運」

というのも一説ととして挙げられています。

ツバメが巣を作って本当に幸運になったのか?

我が家には昨年からツバメが巣を作り始めましたが、はたして幸運になったというのはどうなんでしょうか?

ツバメが巣を作るようになった一因として考えられるのが、私の花粉症の改善です。

私は子供の頃から花粉症で、花粉の飛ぶ3〜5月は外出を控えるような生活をしていました。

ただ、3年ほど前から花粉症を改善する治療をしており、昨年からは鼻炎薬を飲まなくても外出できるほどに症状が改善しました。(コロナ禍なので、マスクはずっとつけたままですが)

花粉症の症状が改善されると今までよりも行動的にもなり、趣味の自転車でサイクリングに行ったり、庭で家庭菜園を始めたり、外にいる時間が明らかに増えました。今年の春から始めた野鳥や野草の観察も、花粉症のままだったら、おそらく始めていなかったでしょうね。

なんだか改めて考えてみると、ツバメが巣を作ったから幸運になったってのは、あながち嘘とは言い切れないんじゃないのかなとも思いますね。

もう少ししたら、かわいらしいヒナが見られるかもしれません。そんな楽しみも一緒に運んできてくれているんだよな、なんてことも思いながら、今日はおやすみなさい。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. ねこ太郎 より:

    畑のしつこい雑草の名前を知りたくてネットで調べていました。
    ヤブカラシと言うのですね。
    ネットに載っている情報では、「雑草っていうけど、本当はこんなにきれいな花を咲かせるんですよ」みたいな話が多く、ヤブカラシ撲滅!を狙う私としては「何言ってやがる!雑草の恐ろしさ、手ごわさを知らねえな!」と思っていたので、くまさんのヤブカラシ情報に「同じように思っている人がいたんだ~」とうれしくなりました。

    一生懸命、根を掘り起こしていたら、地上部の茎とは比べものにならないくらい太い根が出てきたこともあり、ヤブカラシ恐るべしです。

    名前が分かって、ちょっと気持ちが落ち着きました。
    草取りがんばります。

タイトルとURLをコピーしました