豆を挽き、コーヒーを淹れる。その背景には理系の血が!?

こんにちは。里芋の芽がひょこひょこ出てきて、上機嫌なくまさんです。

私の休息時間を上質なものにしてくれるアイテムを紹介します。

コーヒーを豆から挽いてみたくて

最近、コーヒーミルを購入しました。

ポーレックスというメーカーのコーヒーミルです。

コーヒーミルらしからぬおしゃれなデザインに加え、ハンドミルの中では均一に豆が挽けるという評判から購入を決意。実際に使ってみても、挽いた豆にあまりムラはなく、美味しいコーヒーをいただけています。

コーヒー淹れるのって、意外に手がかるんです。。。

また、せっかくコーヒーミルを購入したので、コーヒーの美味しい淹れ方も調べて実践するようにしました。

豆を挽いたり、ドリップをしたりと、いろいろやることはありますが、大まかな流れで言うとこんな感じです。

  1. 普通のポットに水を入れてお湯を沸かす
  2. コーヒーサーバー、ドリッパーをセットする
  3. 冷蔵庫からコーヒー豆を取り出し、挽く分の豆を計る
  4. 豆をコーヒーミルに入れ、豆を挽く
  5. 沸かしたお湯を、ドリップポットに移す
  6. ドリッパーに湯を注ぎ、ドリッパー、コーヒーサーバーを温める
  7. ドリッパーの水気を拭き取り、ペーパーフィルターをセットする
  8. ペーパーフィルターをセットしたドリッパーに、挽いたコーヒー豆を入れる
  9. コーヒーサーバーのお湯をコーヒーカップに移し、コーヒーカップを温める
  10. 温度計でお湯の温度を測り、約90℃になるまで冷ます
  11. 適温になったお湯をドリッパーに少量注ぎ、コーヒー豆を20秒ほど蒸らす
  12. 蒸らし終わったら、「の」の字を描きながら、ゆっくりとお湯を注ぐ
  13. コーヒーカップのお湯を捨て、コーヒーカップの水気を拭き取る
  14. コーヒーが抽出されたら、コーヒーサーバーからコーヒーカップにコーヒーを移す
  15. (ここでようやく)コーヒーをいただく
  16. ドリップポットの水気を拭いて乾かす
  17. コーヒーカップ、ドリッパー、コーヒーサーバーなどを洗い、水気を拭いて乾かす
  18. コーヒーミルを分解し、歯ブラシでコーヒーの粉を掃除する
  19. コーヒーミルを組み立て、細挽きの状態にセッティングする
  20. コーヒーカップ、ドリッパー、コーヒーサーバー、ドリップポットが乾いたら、まとめて片付ける

改めて見ると、なんと手間のかかることでしょう。。。と思うのですが、自分としてはそこまで手間だとは思っていなくて。不思議なもので、毎日同じことを繰り返すことが、自分自身を見つめ直すいい機会になっているのかな?という気もします。

コーヒーを淹れるのが楽しいのは、理系の血が騒ぐから?

コーヒーを毎日淹れているうちに、ふと思ったんです。

「これって実験しているみたいだな」

学生時代は理系だったので、試薬の量を計ったり、加熱する時間を測ったりして実験するのを毎週のようにしていました。毎週レポートを提出があったので、実験自体はあまり好きではありませんでしたが、実験をするという行為自体は面白いな〜と思いながらやっていました。

試験管も丸底フラスコも、メスシリンダーもありませんが、お湯の温度を測ったり、ドリッパーにお湯を注ぐという行為ひとつひとつは、ほぼ実験と変わりません。もしかしたら、「最近実験してないな〜」という気持ちが、無意識のうちにコーヒーを淹れるという行為につながったのかもしれません。

そんなことを思いながら、明日もコーヒーを淹れたいと思います。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました