あじさいの花は花じゃない!? あじさいの本当の花を近くで見てみよう

こんにちは。ナスの葉に人差し指サイズの青虫を見つけて腰を抜かしてしまった、くまさんです。

散歩がてら梅雨を彩るガクアジサイを撮影しました。

あじさいの花は実は「ガク」

散歩していた時に、キレイなガクアジサイを見つけました。

この日は日差しのあるいい天気でしたが、やはりアジサイは梅雨を彩る素敵な花です。

ところで、「あじさいの花だと思っているものは、実は花ではありません」というのを、この時期よく耳にします。近づいてよく見てみると、花びらっぽいものの中心にも、菊やひまわりのような、集合したものが見られますが、こっちの方が本当の花だそうです。

私たちが花だと思っているものは「装飾花」と呼ばれる「ガク」が変化したもの。本当の花は「真花」と呼ばれています。改めて近づいてみると、華やかさは装飾花に劣りますが、一つ一つの真花はなんともかわいらしいものですね。

また、ふと地面を見ると、散った真花が青く染めていました。今までは気がつきませんでしたが、いろいろ近づいてよく見てみると、新しい発見があるものですね。

おなじみの植物の花を近くで見てみよう

マクロレンズを購入したこともあり、おなじみの植物を近くで撮影してみると、意外と面白い発見があります。どこにでもあるおなじみの植物の花を間近で見てみましょう。

ドクダミ

独特な匂いの雑草として、嫌われ者のドクダミ。ヨーロッパには自生しないため、愛好家たちがわざわざ輸入をして育てているそうですから、場所が変われば人間の扱い方も変わるんですね。そんな、ドクダミの花のアップがこちら。

若干ピン甘ではありますが、こんな感じになっているんですね。匂いと繁殖力の強さを除けば、結構かわいらしくも見えてきませんか? と言っても、見つけたらすぐに取り除くことは変わりませんが。

ネズミムギ(?)

お次は河川敷や道端などでよく目にする、ネズミムギ(?)。調べてみたのですが、見分けに自信がないので(?)をつけています。見た目にも「The 雑草」という感じですが、こちらの植物にも実は花が咲くんです。

こんな感じで小さい花がいくつも咲きます。撮影したのが夕方で、花が落ちてしまっていますが、近づいて見るとかわいらしいものです。

野草を見るようになってから、物を見る世界がどんどん狭くなってきています。ただ、世界が狭くなっても発見することはまだまだ多くて。また、面白いものを見つけたら、記事にアップしますね。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました