毎日採れたての野菜に感謝。くまさん農園レポート〜2021年6月下旬〜

こんばんは。昨日読んだ本の影響で次は「岩石」にハマりそうな、くまさんです。

話は変わりますが、家庭菜園の近況を報告したいと思います。

心配していたししとうも復活し、みんな順調に育っています

前回の報告から2週間ほど経っていますが、おかげさまで皆元気に育っております。

前回心配していたししとうも、水が不足していたようで、今まで以上に水をあげるようになったら、元気を取り戻してくれました。また、いくつかの野菜は順調に収穫ができているので、それぞれの現状を紹介していきましょう。

ナス

去年はあまり生長しなかったナスですが、今年はかなり順調に育ってくれています。気付いたら近所のナスよりも背丈が大きくなっていて、自分の手柄ではないものの誇らしい限りです。実もこんな感じでたくさん実っていますよ。

最近は小さめのものを1日1個くらい収穫できていたので、ぬか漬けにしていただいています。

ししとう

前回、葉がしおれてしまっていたししとうですが、今までよりも水を多く与えるようにしたら、5日くらいで見事に復活してくれました。いやー、本当に一安心です。今年は水やりに失敗したり、ナスの影になってしまっているせいか、思ったほどの大きさにはなっていませんが、それでも元気になってくれただけで大満足です。ようやく実もなりはじめました。

水が不足していた時期に実りはじめたので、若干硬くて辛いような気もしますが、これからすくすく育ってくれて、美味しいししとうをたくさん実らせてくれることを期待します。

いんげん

現在の収穫野菜のエースが、いんげんです。葉っぱに隠れて見えませんが、葉をめくったらこんな感じでいっぱいいんげんが実っています。

最近では1日20本くらいは採れるので、味噌汁に入れたり、さっと塩ゆでしたりして、シンプルにいただいています。採れたてのいんげんは、やはり甘さの際立つ調理法がいいですね。

枝豆

いんげんの影に隠れていますが、こちらの枝豆も順調に育っています。最近ニュースで「枝豆の収穫が最盛期を迎えています」というのを耳にしましたが、我が家や植えたのが遅かったせいか、収穫までにはもう少し時間がかかりそうです。

それでも、こんな感じで豆は育ちはじめています。さやから弾け飛びそうになるくらい、ふっくらした枝豆になるのを楽しみにしています。

さといも

実はなりませんが、どんどん大きくなっていく葉っぱに、日々の成長を感じられるさといも。ココのさといもエリアに憎きヤブカラシが勢力を伸ばしてきているので、週に2回くらいは土を掘り起こして格闘を続けています。土の中ではどのように成長しているかも分からないので、早めに対処するよう心がけてはいるのですが。。。

ミニトマト

植え付け時期が遅く、ゆっくり生長していたミニトマトですが、余計な枝を取って整枝したおかげか、生長のスピードが速くなってきた気がします。支柱のところまで枝も伸びてきてくれたので、倒れたりする心配もなくなり一安心です。こんな感じで花も咲いてきたので、次回には実りましたよ〜って報告ができたらうれしいです。

新鮮な野菜はシンプルな調理が美味しい

最近は毎日いんげんやナスが収穫できるので、夕食に調理して、その日のうちにいただいてしまっています。やはり新鮮な野菜というのは、素人が作ったものでも美味しいものです。

よく「野菜の甘味がする」と言いますが、我が家では野菜の甘さを毎日堪能しています。特別趣向を凝らした料理ではありませんが、野菜の甘さを毎日味わえるのは贅沢なものだな〜と改めて感じます。

最初は野菜に味の変化をつけようと、いろいろなレシピを試してみたのですが、大概シンプルな調理法に落ち着くんですよね。ししとうはきんぴら、ナスは焼き浸し、いんげん・枝豆は塩ゆで、さといもは煮転がし。そして、どの野菜も素焼きにしていただくと、野菜の甘味が濃縮されます。

調理法がシンプルになるのは、作るのが面倒くさいという理由もありますが、やはり素材の味が引き立つんです。いんげんはさっと塩茹でをするだけで、甘みのあるほくほくした食感になります。胡麻和え肉巻きも美味しいんですけれど、他の調味料でいんげんが持つ甘味の印象が薄くなってしまうのがもったいなくて。

昔バイトしていたレストランの店長が「火を通して塩を振れば、大抵の野菜は美味しい」と言っていましたが、新鮮であればさらに美味しく感じられます。もし採れたての野菜をもらう機会があったら、素材の味が引き立つ調理法を試してみてください。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました