カスタムしたこだわりの自転車から見える景色

こんにちは。靴下を脱いだら親指の爪が割れていた、くまさんです。

今日は私の愛車をご紹介したいと思います。

愛車はシックなデザインのクロスバイク

愛車と言っても、車ではなく自転車です。

SPECIALIZEDというメーカーのSIRRUS SPORT というモデル。

クロスバイクなので、ロードバイクほどスピードは出ませんが、ちょっとした悪路も平気で走れますし、何よりシックなデザインがお気に入りです。

2年ちょい乗っていますが大きな不具合もなく、快適に走ってくれているので、いい買い物をしたなと思っています。

カスタムしたくなっちゃう…。男の子だもん…。

自転車の楽しみは、走る楽しみもありますが、やはりカスタムする楽しみも大きいように思います。

ちょこちょこ手を加えていますが、一番のこだわりはココではないでしょうか。

バーセンターバー&ミラーのセットです。

自転車を買う時に、ロードバイクと悩んだのですが、予算の都合でクロスバイクに決めました。

ところが、しばらくしたら「ロードバイク欲しい病」にじわじわと侵されてきたんです(クロスバイクから乗り始めた人にとっては、あるあるかもしれませんが)。特に、100kmを超えるようなロングライドをすると腕がだるくなり、「ロードバイク欲しい病」はさらに進行していきました。

正直なところ、ロードバイクを買うような予算もないし、ハンドル周りをカスタムしてもかなりのお金がかかってくる。そんな時にたどり着いたのが、「バーエンドバーを内側につける」というものでした。こうすれば、ロードバイクに近いポジションで走れるんじゃないか?と。

そもそも、バーエンドバーは、ハンドルのエンド(外側)につけるパーツです。メーカーが推奨しているやり方ではないですが、バーセンターバーをつけてから、長距離を走っても以前のような疲労感は無くなりました。

さらに、走行中の安全のためにバックミラーを購入すると、バーセンターバーの先にピッタリと収まるではありませんか。若干ダサくなるのは仕方ないとしても、走行中に後ろを振り返る回数は格段に減りましたし、何より安心して走ることができます。

合わせて数千円のパーツで、快適なツーリングが実現できるというのは、カスタムの魅力と奥深さと言えるのではないでしょうか。

自転車が好きなのは、自分の脚で前に進んで行けるから

自転車が好きな理由として「自分の脚で前に進んで行けるから」というのが挙げられます。

感覚的な話なので、伝わりにくいかもしれませんが、お付き合いください。

自転車は自分の脚でペダルを漕いで、その推進力がチェーンを介してタイヤに伝わり、前へと進んで行きます。上り坂になれば一生懸命にペダルを漕がなければ進みませんし、疲れて体力が落ちてくればスピードも落ちていきます。当たり前ですが、前に進んでいくためには、自分自身のエネルギーを必要とします。

一方、自動車だと多少操作する必要はあっても、自分のエネルギーは大して必要ありません。電車や飛行機に至っては、座っているだけで運転する必要すらないので、さらにやることがありません。

自分のエネルギーを使わず、楽に遠くに行けることはありがたいことです。

ただ、私はふとした時に「乗り物のスピードに自分が追いついていない」と思う感覚に襲われる時があります。自分の外側だけが目的地に先に着いてしまって、本当の自分は途中のどこかに置き忘れてしまったのではないか?という気にもなるのです。例えて言うなら、受験当日に何度も確認したのに、何か大切なものを忘れたんじゃないか?と不安になるような感覚に近いかなと思います。

そんな時に思い出すのが、写真家の星野道夫さんという方が書いた本の一節です。(昔読んだ記憶を頼りに書いているので、細かいところはあやふやですが。。。)

アンデスで旅をした際、コーディネータをしていた地元の人が、ある地点で急に立ち止まり動かなくなってしまいました。理由を尋ねると「ここまで急いで来すぎてしまったので、心が追いつくのを待っているのです」と答えたそうです。

自転車で走っていれば風の匂いを感じられます。

ゆっくり歩いていれば野草の美しさに目が行きます。

自分に合ったスピードよりもさらに速く進んでしまうと、案外大切なものを見落としたり、忘れてきてしまうような、そんな気がしました。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました